Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ビューティニュース
  4. 【LUSH】のオンライン限定バスアイテムで、あなたもSNSで話題のバスア―ティストに♥

2018.07.31

【LUSH】のオンライン限定バスアイテムで、あなたもSNSで話題のバスア―ティストに♥

LUSHから、バスタブにアートを描ける可愛い色&いい香りのバスアイテムが登場! 今話題のバスアートにチャレンジして、SNSにアップしてみては?

バスタブにアートを描いて、あなたもアーティストに!

英国発のフレッシュハンドメイドコスメ LUSHが行っている、商品開発最前線と言えるプロジェクト「Lush Labs(ラッシュラボ)」。2018年6月末に発売された日本上陸第一弾に続き、7月29日(日)に第二弾となる「バスアートコレクション」が、オンラインストアにて数量・期間限定で発売されました!

Lush Labs(ラッシュラボ) バスアートコレクション

ラッシュでは、鮮やかな色彩と美しい香りで“バスタブ”という“キャンバス”を彩っていく、まるでアートのような入浴料の楽しみ方を、#バスアート(#Bathart)と呼んでいます。今回発売される「バスアートコレクション」では、「バブルブラッシュ(バブルバー)」「アイム フォーエバー ブローイング バブルズ(バブルバー)」「ピンク シトラス スピナー(バブルバー)」「ハニードリップス バスメルツ(バスオイル)」の4種をラインナップ。

ミントバブル ブラッシュ/レモンバブル ブラッシュ/キャンディバブル ブラッシュ

左から:ミントバブル ブラッシュ/レモンバブル ブラッシュ/キャンディバブル ブラッシュ 各¥1,100(税込)
子どもも大人も楽しみながらクリエイティビティを発揮できる「バブルブラッシュ」。「ミントバブルブラッシュ」は、ペパーミントとスイートワイルドオレンジオイルが香りつつ、お風呂に氷のようにクールなブルーのアートを描きます。「レモンバブルブラッシュ」は、ライムやオレンジのフレッシュな香りが弾け飛び、明るいイエローでバスタブを彩ります。「キャンディバブルブラッシュ」は、鮮やかなピンクカラーにスイートなコットンキャンディのような香り。お湯の中に夢のようなピンクの世界を創り出します。単品はもちろん、セットで使うことでさらにカラフルなアートを描き、特別な香りを楽しめます。使った後に乾かして、数回に分けて使えるリユーザブルバブルバーです。

アイム フォーエバー ブローイング バブルズ/ピンク シトラス スピナー/ハニードリップス バスメルツ

左:アイム フォーエバー ブローイング バブルズ ¥1,100(税込)
バブルバーをお湯に溶かしてバスタブを泡でいっぱいにしたら、息を吹きかけて、シャボン玉作りにチャレンジしてみては? グレープフルーツとシチリア産レモンオイルの爽やかな香りが夏の暑さを吹き飛ばしてくれるはず。数回に分けて繰り返し使えるバブルバーです。

中:ピンク シトラス スピナー ¥980(税込)
日常を忘れられそうな、ふわふわのピンク色の泡を楽しめるバブルバー。落ち着きをもたらすプチグレインオイルは、シトラスの木々の間を散歩するようなウッディな香りを放ちます。また、グレープフルーツオイルの香りで気分もリフレッシュ。お花の形のスピナーを手にとって、お風呂の中でスピンさせれば、香り豊かな泡が次々と現れ、夏のそよ風に乗って明るい気分まで運んでくるかのよう。

右:ハニードリップス バスメルツ ¥700(税込)
バスタブでゆっくりと溶けていくバスオイル。フェアトレードのオーガニックカカオバターと保湿効果に優れたオーガニックシアバターがお肌に豊かな潤いを与えて柔らかく整えてくれます。バスタブに広がったソフトピンクのパレットは、ロマンチックで魅惑的なジャスミンの香りを贅沢に放ち、大地を思わせるサンダルウッドオイルと心地よいバニラの香りが心に安らぎ与えてくれます。

バスアートコレクション

今、バスボムやバブルバーなどの入浴料が描き出す美しい様を写真におさめてインスタグラムやツイッターに投稿する“バスアーティスト”が世界中に続々と現れています。「バスアートコレクション」は、バスタイム、そして、アートを愛する“バスアーティスト“たちへ、絶好のシャッターチャンスを与えるアイテム! バスタイムにエキサイティングな驚きや喜びをもたらす「バスアートコレクション」で、あなたもバスアートを楽しみませんか?

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.08.21

編集部のおすすめ Recommended

Sep 2018
Grons最新号

6月28日に発売したGrons8月号P.100掲載の“Teva”のサンダルのライン名に誤りがありました。正しくは「ミッドフォーム ユニバーサル」です。お詫びして訂正いたします。

Feature