Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ライフスタイルニュース
  4. 【ヤッホーブルーイング】飲めば飲むほど寄付できる、チャリティーに繋がる限定ビール販売!

2018.08.11

【ヤッホーブルーイング】飲めば飲むほど寄付できる、チャリティーに繋がる限定ビール販売!

ヤッホーブルーイングがチャリティー活動に賛同し、専用のホップでつくった特別なクラフトビールを販売します。

専用ホップの香りと強いキレが味わえる限定ビール

ヤッホーブルーイング

よなよなエールなどのクラフトビールを展開するヤッホーブルーイングが、チャリティー活動「Ales for ALS(エールズフォーエーエルエス)」に賛同し、クラフトビールを通してALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知向上および治療開発や製薬研究を支援する活動に参加。2018年8月12日(日)より、「Ales for ALS」専用のホップを使用し醸造したビールを、よなよなエール公式ビアレストランYONA YONA BEER WORKSの限定ビール「Works Ale #008」として数量限定で販売(スモール¥630/レギュラー¥880)します。

ALSは、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、日本では1974年に特定疾患に認定されましたが、いまだ治癒のための有効な治療法は現在確立されていません。2012年、この病気の認知向上・治療開発・製薬研究の支援のために、米国のクラフトビール醸造所が中心とな立ち上げたのが、「Ales for ALS」。現在、米国の50の醸造所が参加しており、ヤッホーブルーイング米国以外で参加する唯一の醸造所となります。

この活動では、「Ales for ALS」のために専用にブレンドされたホップを使用したクラフトビールを参加ブルワリーがそれぞれ醸造。1パイント(473ml)飲むごとに1ドルが米国のALS支援団体「ALS THERAPY DEVELOPMENT INSTITUTE(ALS TDI)」に寄付されます。

クラフトビール

「Ales for ALS」のために専用にブレンドされたホップは、EKUANOTという品種を中心に7種類をブレンド。このホップをふんだんに使用し、特長的な甘くジューシーな香りを際立たせています。ビールの種類は、サンフランシスコで最近登場したばかりの新しいスタイル「Brut IPA(ブリュット アイピー)」。ビール中に含まれる糖分を発酵によって極限まで下げることで、非常にキレのある辛口なボディーと味わいに仕上げています。

最先端スタイルのビールを飲んで、ぜひ活動に参加してください!

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.10.15

編集部のおすすめ Recommended

Nov 2018
Grons最新号

Feature