Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美女エディター肉日記
  4. お肉もオーガニックをいただく時代♡【ザ・プリンス パークタワー東京 レストラン ブリ-ズヴェール】オーストラリア産グラスフェッドビーフの贅沢ランチ

2018.10.03

お肉もオーガニックをいただく時代♡【ザ・プリンス パークタワー東京 レストラン ブリ-ズヴェール】オーストラリア産グラスフェッドビーフの贅沢ランチ

今回は、自然な牧草で育てられたオーストラリアのグラスフェッドビーフをいただけるホテルの贅沢ランチをいただいてきました♪ Gronsの美容ページで活躍するお肉大好きエディターが、美味しかった&盛り上がった忘れられないお肉のお店を日記帳で徒然にお届けします!

エディター 門司紀子

野菜やコスメはオーガニックというキーワードがかなり盛り上がりを見せている昨今。お肉も実は、オーガニックが注目度を増しています! こだわりのお肉を出すお店では、最近ちょこちょこ目にするようになったグラスフェッドビーフ。grass=牧草、fed=食物(えさ)で育てられた牛のお肉のことで、ストレスのない放し飼いで良質の草を食べて育ったから美味しさが格別とのふれこみ。今回はその美味しさを味わえるメニューを展開中のザ・プリンス パークタワー東京内のレストランにうかがってきました♪

都会の景色が一望できる芝公園のおひざもと!

芝公園

うかがったのは、赤羽橋駅や芝公園駅から2~3分のところにあるザ・プリンス パークタワー東京の33Fにあるレストラン ブリーズヴェール。うかがった日は残念ながら雨でしたが…スカッと晴れている日だったら、レインボーブリッジが見えるこの抜け感、かなり気持ちいいはず!

オーストラリア フード&ワインフェア会期中、こだわりのグラスフェッドビーフがメニューに!

グラスフェッドビーフ

ここ、ザ・プリンス パークタワー東京をはじめとする首都圏8つのプリンスホテル(そのほかは、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪、東京プリンスホテル、品川プリンスホテル、新横浜プリンスホテル)では、10月31日までオーストラリア フード&ワインフェア 2018を開催中。オーストラリア大使館後援のこのフェアは今年で4回目で、オーストラリアのこだわりの食材を使ったメニューや美味しいワインがいただける大人気のイベントとのこと。今回はその中でもイチオシだというレディースランチ(女性優待料金¥5,000・男性料金¥5,500)をオーダー。選べるメニューは…オーストラリアPR大使でもある元ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント 氏監修のものをチョイス! エリカ氏といえば「美しくなる食生活」のスペシャリスト。肉食でも女ですもの♡やっぱりキレイになりた~い!!!

美肌効果に期待! まずはタスマニアサーモンから!

タスマニアサーモン

前菜は、サーモンのミ・キュイ ポーチドエッグとコンテチーズのエスプーマ。世界遺産の島・タスマニア産のサーモンを低温調理し、しっとりレアなまま仕上げた一品。とろ~り濃厚だけどあっさりとしたチーズのソースとポーチドエッグ、下には食感のいいレンズ豆、ホウレンソウのパウダーが大人なアクセントに。分厚いカットなのにレアなサーモンは食べ応えたっぷり!

濃密トマトソースのタリオリーニで美味しくお腹を満たし…

タリオリーニ

選べるスープorパスタは、しっかりお腹を満たすパスタをチョイス。タリオリーニのパルミジャーノ風味 バジル香るトマトソース。アルデンテに仕上げたタリオリーニとパルミジャーノチーズ、香り高いトマトソースが絶妙なハーモニー!

メインは…のびのび育った滋味あふれるグラスフェッドサーロイン!

グラスフェッドサーロイン

メインディッシュは、オーストラリア産 オーガニック グラスフェッドサーロインのグリル(+¥500)! 手つかずの自然あふれるオーストラリアの肥沃な土地で、農薬不使用の100%ナチュラルな牧草によって完全放牧で育てられたグラスフェッドビーフ。もちろんホルモン剤や抗生物質、合成化学物質は一切与えられていない完全オーガニック!(こんなことを聞いてしまうと…普通の牛肉って、食べて大丈夫なの!?って思っちゃいますけどw) グラスフェッドってだけで、なんだか美味しさが3割増しくらいに感じちゃうのは気のせい!? 肉質が繊細で柔らかく、なんだかホロリとする優しい美味しさ♡ 添えられている野菜も食感が程よく残っていてまた美味し~♪ソースをたっぷり絡めて瞬時に完食!

別腹スイーツにも大満足~♪

スイーツ

葡萄のコンポートとジュレ マスカルポーネのアイスクリーム

お肉のあとはお口直しのプチスイーツのあとに、スペシャルデザート・葡萄のコンポートとジュレ マスカルポーネのアイスクリーム。葡萄は秋らしさ満点の美しき果実、ピオーネ。コンポート、ジュレ、アイスの下にはブラマンジェ、そしてカリカリのアーモンドチュイールのトッピング。多様な食感が口の中で混ざり合い、幸せを感じずにはいられない絶妙なハーモニー!

このあとはコーヒーとプティフールのおもてなしまで…。

日々、ランチはさくっと済ませることが多いので、景色もいい高層階のホテルレストランでいただくランチはテンション上がりまくり&胃も心もパンパンに満たされて至福の時間でした♪

エリカ・アンギャル氏監修
ホテルステイプランやイベントにも注目!

エリカ・アンギャル

今回のフェアのメニュー監修にも関わっている、元ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントであるエリカ・アンギャル氏がなんと、スペシャルなホテルステイもプランニング! ハーブティーやマッサージオイルなどのおすすめアイテム特典のほか、エリカ氏監修のデトックスディナー&朝食つき、エリカ氏のサイン入りの感謝日記帳がもらえたり…心も身体も美しくなれる1泊ステイ。Beauty Stay Plan by Erica、詳細はをチェック。

また、10月21日(土)にはエリカ・アンギャル氏のBeauty Lunch&トークショーを開催。も要チェック!

門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Grons』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。Instagramアカウントは

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.12

編集部のおすすめ Recommended

Jan 2019
Grons最新号

Feature