Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 【セクハラ】海外事情が知りたい! コモン・るみさんが読み解く「NYキャリア女性のファッション観」

2018.10.25

【セクハラ】海外事情が知りたい! コモン・るみさんが読み解く「NYキャリア女性のファッション観」

なんと読者の82%が「セクハラを受けた経験あり」と回答。【セクハラ】海外事情が知りたい! コモン・るみさんが「セクハラ×ファッション」を読み解きます。

セクハラはなぜ起こり、なぜ続いてきたのか? その背景と対処法とは? セクハラと切っても切れないキーワードを識者が読み解きます。NYキャリアのファッションに詳しいコモン・るみさんが語る「セクハラ×ファッション」。

セクハラ×ファッション

ただおしゃれしたいだけなのに…海外事情が知りたい!

答えてくれた人|オンラインストア運営ブロガー コモン・るみさん

オンラインストア運営ブロガー コモン・るみさん

地方局のアナウンサー、出版社などを経て、単身NYへ。2011年にN.Y.の新進デザイナーの洋服を扱うオンラインストア「Rishi NY」をオープン。ブログ「だれも書かない★ニューヨーク1%未満★」も好評。

「胸・腕・ひざは隠すのがNYのビジネスファッション。男性の多いコンサバな職場で目立つ服装をするのは損」

昨年、ハリウッドから始まった「#MeToo」ムーブメント。以来、NYのビジネスマンも企業も以前にも増して、セクハラに敏感になっていると感じます。私の夫の会社では、アシスタントの女性が「ボスが自分のことが好きみたいだけれど、自分はその気がないから部署を変えてほしい」と訴えたところ、聞き入れられて、彼女の異動が認められたそうです。セクハラに発展しないように、未然に防ぐ対応も行われるようになってきたと思います。

企業側や男性はもちろんですが、NYのキャリア女性も気を使っています。特に気を配っていると感じるのが、まだまだ男性社会の金融界や法曹界で働く女性。スーツだらけの男性の職場で、あえて印象に残らないような地味な服装をしている人が多いのは、セクハラから身を守るため。

ですが、実は結果的に自分のキャリアを考えてのことでもあります。胸元の開いた服やミニスカートを着て行って、男性たちが仕事の話より、別のことに気をとられてしまったら自分にとっても損だということをわかっているのです。仕事仲間として対等な関係を築き、実力を見てもらうなら、外見は男性の中に溶け込んだほうが手っ取り早いはずですから。

ジャケット

では、彼女たちは具体的にどんな服装をすればよいと考えているのでしょうか。基本は【1】胸、【2】腕、【3】ひざの順で隠すこと。すべて隠れているのが理想ですが、シーンによっては、腕と胸元を隠し、スカート丈はひざ上10cmまでなら許容範囲です。コンサバな職場でノースリーブを着る場合、カーディガンやジャケットはマストです。

NYでは職場と自宅が近い人が多く、仕事が終わったら一度帰宅して出かけることができるという事情もありますが、基本的に仕事着とプライベートのファッションを完全に分けている人がほとんどです。仕事に着ていく服は、トレンドを意識するよりも制服のように割り切って、ブランドを決めている人もいるくらい。日本の女性のビジネスファッションは十分配慮があって今のままでもよいと思いますが、3パターンくらい仕事用のコーディネートを用意しておくのもよいかもしれません。

もちろん、NYでもファッション業界や出版業界の女性たちは華やかな服装をしているので、そんな中で地味すぎる服装をすると逆に浮いてしまいます。要するに職場の空気を読んでふさわしい服装をすることが大切だと思います。

セクハラはするほうが悪いというのは当然ですが、職場はおしゃれをしていく場所ではありません。職場は仕事をする場所。男性も女性もお互いに仕事に集中できることがいちばんのはずです。そのための心配りとして、職場にふさわしいファッションを心がけることは必要なのではないでしょうか。

海外ドラマに学ぶ! セクハラ自衛ファッション

日本でも話題になる海外ドラマのファッション。「セクハラを招きにくいファッションの参考にするなら、政治ドラマ『ハウス・オブ・カード』の大統領夫人クレア・アンダーウッド。法曹界が舞台の『SUITS/スーツ』の女性陣は、露出度が高くセクハラからの自衛を考えるうえではおすすめできません」

『ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON 5 Blu-ray Complete Package』

ハウス・オブ・カード 野望の階段

発売中 ¥12,000(税別)
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2017 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

Grons9月号「セクハラって結局何?」より
画像/Shutterstock 取材・文/井上佐保子(田中さん分) 構成/酒井亜希子・佐々木 恵・赤木さと子(スタッフ・オン)
再構成/Grons.info編集部

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.11.13

編集部のおすすめ Recommended

Dec 2018
Grons最新号

Feature