Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 「胃が痛い→即胃薬」はNG? 漢方的視点で見る【胃痛時のチェックポイント】

2018.11.18

「胃が痛い→即胃薬」はNG? 漢方的視点で見る【胃痛時のチェックポイント】

漢方アドバイザー・国際中医薬膳師の大木さと子が、東洋医学の視点から仕事をする女性を元気にする情報をお届けします! 今回は、「胃の痛み」についてのお話。

大木さと子 国際中医薬膳師

胃が痛い時、むやみに胃薬を飲んでいませんか? その胃痛はどこからきているのか、今一度原因を見つめ直してみましょう。

「胃が痛い」時、どうしていますか?

チェック
(c)Shutterstock.com

誰しもが経験したことがあるはずの「胃痛」ですが、胃が痛くなった時、あなたはどう対処していますか? 飲みすぎ・食べ過ぎなど、消化トラブルによる胃痛は原因がすぐに思い当たるかもしれませんが、そうではないのに胃が痛くなることもあります。

胃痛の多くは、内視鏡検査をしても炎症が見当たらない

胃やみぞおちが痛いと訴え、病院で検査した人の半数は内視鏡検査でも異常(炎症)が見当たらないそうです。そこで多くなさされるのが「機能性ディスペプシア」という診断。胃の機能は加齢によって徐々に低下しますが、それに伴って胃痛や膨満感、胃もたれなどの症状が一定期間以上、慢性的に続くと、この診断を受けることがあります。多くの場合、様々なストレスの影響が胃の機能を低下させているとも言われています。

漢方では、胃の機能は元気の「気」を作り出す要

東洋医学の概念では、元気ややる気、気力の「気」を作り出すは胃の機能(消化吸収の機能)が司っているとされています。全てのエネルギーの源は胃の元気から。他民族より胃が弱いとされている日本人は特に、胃をいたわる必要があります。

胃が痛い時のチェックポイント

1.まず、慢性的に痛みが続いているなら…

慢性的な痛み
(c)Shutterstock.com

数日以上痛みが続いているようなら、医師の診断・検査を受けましょう。炎症が起きている場合やピロリ菌などが原因の場合は投薬などの治療を行います。

2.食生活に思い当たる節がある

食生活
(c)Shutterstock.com

飲みすぎや食べ過ぎが続いていた場合は、胃を休める期間を設けることで胃の機能を回復することが大切。毎日、油っこい食事やお酒ではなかなか治りません。「油っこいもの・辛いもの・冷たいもの・お酒・カフェイン」の5つを控える日を1日でもいいので設けてみて。胃が疲れている時は早食いもNGです。

3.睡眠の質が悪い・睡眠時間が短い

睡眠
(c)Shutterstock.com

よく眠れていない、いつも眠い、寝ても起きてしまったり、朝も疲れが取れないという人は胃痛の原因に結びついている可能性も。神経をしっかり休ませることが大切です。寝る直前に食事をとっている場合も要注意です。食事は寝る3時間前までに済ませたいもの。難しい場合はなるべく温かく油の少ない、消化の良いものを選びましょう。

4.体が冷えている

体が冷えている
(c)Shutterstock.com

胃は、胃の中に入った内容物が冷たいままだと消化機能が低下します。つまり冷たい飲食物は消化に時間がかかり、胃に負担がかかります。また、胃の中に入るものに限らず、全身または体の一部が冷えていることで血流や水の巡りが停滞し、胃の機能に影響することも考えられます。冷たいものの取りすぎには気をつけましょう。

5.ストレスが溜まっている

ストレス
(c)Shutterstock.com

日々のストレスが自律神経のバランスを乱し、胃の機能を低下させている可能性はあります。ただし、ストレスだけで胃の症状が出ているとは限らない、と覚えて起きましょう。先述のように加齢や生活習慣、いつも食べているものなど、様々な要因が重なって胃のトラブルに繋がっている可能性が高いです。また、ストレスの原因は精神的なものに限らず、気温や気圧・湿度などの変化、環境の変化、花粉など色々な種類があるもの。季節の変わり目に症状が現れやすくなることもあります。

6.運動不足

運動不足
(c)Shutterstock.com

血流が滞ると胃の機能も低下し、さらには体に栄養を運ぶ働きも鈍くなります。適度な運動は胃の機能UPや食欲不振改善にも繋がります。ただし、運動できないほど疲れ切っている時は無理せずに! 湯船に浸かって入浴したり、ストレッチから始めてみて。

冒頭に述べた通り、胃の機能は加齢とともに少しずつ低下していくもの。胃が痛い時にはすぐに消化促進の胃薬! だけではなく、普段の生活習慣や自分の状況を見つめ直し、根本原因から改善して元気な胃を保ちましょう!

大木さと子

国際中医薬膳師・漢方アドバイザー。日本中医学院(旧・国立北京中医薬学大学日本校)卒。よく食べよく飲むOL。ふだんメシをアップするにて、薬膳の情報も発信中。

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.14

編集部のおすすめ Recommended

Jan 2019
Grons最新号

Feature