Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美女エディター肉日記
  4. 甘じょっぱハムの誘惑♡【ハニーベイクド・ハム神谷町店】ハムの新たな美味しさ&楽しみ方を発見♪

2018.10.31

甘じょっぱハムの誘惑♡【ハニーベイクド・ハム神谷町店】ハムの新たな美味しさ&楽しみ方を発見♪

今回はアメリカの老舗ハムブランドが出す、ハムの美味しさに感動するお店♪ Gronsの美容ページで活躍するお肉大好きエディターが、美味しかった&盛り上がった忘れられないお肉のお店を日記帳で徒然にお届けします!

エディター 門司紀子

仲良くしていただいているグルメな姉さんから「ね、ね、肉日記ってハムも入る? 入るなら、おすすめしたいお店があるんだけど…」と一通のLINE。「確かに、肉だよね、ハムも。変わりネタとしていいかも♡」とご紹介いただき、先日訪れたお店がこちら。ハムといえばサンドイッチに挟まっているぺらっぺらのものとか、朝ごはんに目玉焼きの隣に添えられているようなイメージ。そんな固定概念を覆す主役級の新鮮な美味しさに、ハム観が変わったほどw

お店はオフィス街・神谷町の駅前!

ハニーベイクド・ハム

ハニーベイクド・ハム 店内

ハニーベイクド・ハムは、アメリカには600店舗もある60年の歴史を誇る老舗高級ハム店。ハリウッドセレブにも愛され、5つ星ホテルでも使われるなど、アメリカでは最も愛されているハムブランドのひとつだそう。日本にはこの神谷町と広島の2店舗があり、ハニーベイクド・ハムを使った絶品料理が味わえます♪

ハニーベイクド・ハムとは…!?

ハニーベイクド・ハム

最高品質の骨付き豚のモモ肉を、秘伝のウッドチップを用いて20時間以上じっくりとスモークしてまずは旨味出し。その後、甘く香ばしいハチミツでグレイズコーティングして、表面のカリッと感と絶妙な甘みをプラス。この独自製法されたハニーベイクド・ハムはもしているので要チェック! 年末年始のギャザリングパーティにも超おすすめです!

まずはハム系3種盛りから!

ハム、ターキー、ローストビーフ3種盛り

ハム、ターキー、ローストビーフ3種盛り(¥1,350)は、仕事帰りちょっと1杯飲みながらつまむスターターにぴったり。ターキーとローストビーフももちろん美味しいのですが、感動的な美味しさなのがやはりこのハニーベイクド・ハム! 初めていただいたハニーベイクド・ハムは、ハニーグレイズされた表面の甘じょっぱさがハムの旨味と相まって、止まらない美味しさ♡

オリジナルマスタードも買って帰るべき逸品!

オリジナルマスタード

スパイシーなだけでなく程よい甘みのあるこのお店オリジナルのハニーマスタード。ハムにつけて食べると…これまた美味しさが増しすぎ~♪ すぐに「コレ、売っていますか?」と聞いてしまったほど。帰りにミニサイズ 120g ¥600をお買い上げ。ハムやソーセージにつけたり、ドレッシングの隠し味にしたり、ポテサラに混ぜてもよさそう♪

コールスローもあっさり旨し♪

コールスロー

ハムとハムの間の箸休めに、コールスロー(¥300)。味付けあっさりめでウマウマ!

ハムとチーズ、鉄板のコンビ!

ブロックハムのチーズ焼き

そしてゴロゴロっと大胆にカットされたハニーベイクド・ハムととろ~りチーズの組み合わせ、ブロックハムのチーズ焼き(¥1,500)。チーズ好きにはたまらないひと皿♪

お待ちかねの看板メニュー♡ ローストハムボーン、どど~んと見参!

ローストハムボーン

ローストハムボーン

看板メニューのローストハムボーン(¥3,500)は豚のモモ1本を丸ごとオーブンで、野菜とローズマリーなどと一緒に大胆にローストしたもの。4人ほどでシェアしても満足感が得られるボリューム感! 塩は加えずハムの自然な塩気のみ、ハムのハニーグレイズと玉ねぎのとろっとした甘さが後を引く美味しさ♡

ローストハムボーン

ハニーマスタード

またまた、相棒はコレですコレ! ハニーマスタード♡ 実は私、あまりマスタードは得意ではないのですが…美味しすぎて美味しすぎて…たっぷりつけていただいちゃいました♡

骨のキワキワのハム

骨のキワキワのハムがまた、旨味があって美味しい♡ キワキワまでそいで、肉欲を満たしまくりました♡

〆はハニーベイクド・ハムのサンドイッチ!

クラシックサンド

ハニーマスタード

ローストハムボーンでかなりお腹満たされましたが…せっかくなので人気No.1だという一品を〆に。クラシックサンド(¥930)はハニーベイクド・ハムがなんとどど~んと100gも挟まれたサンドイッチ。ハニーマスタードはパンに塗られていましたが…美味しすぎるので勝手に自分で追加w 相性を考えて選び抜かれたというパンも、軽やかで、ハムの美味しさを邪魔せずめちゃめちゃ美味しかったです!

店内

ハム愛を感じられるカジュアルでかわいらしい店内もステキ★

ランチはオフィス街にあるだけあって、OLさんにサンドイッチやハムハンバーガーが大人気だそう。会社帰りに一杯引っ掛けながら、感動のハムをいただける幸せ♡ 神谷町界隈にオフィスを構えたくなったほどwハム好き肉好きはもちろん、「ハムなんてどれも一緒でしょ…」って思っちゃっている人にこそ絶対に〝ハム活〟しに行って欲しいお店です!

門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Grons』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。Instagramアカウントは

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.11.14

編集部のおすすめ Recommended

Dec 2018
Grons最新号

Feature