Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 有能美人さんへ! 新年からの本気の頑張りで、必ず結婚できる

2018.01.01

有能美人さんへ! 新年からの本気の頑張りで、必ず結婚できる

新年にしっかり考えたい“結婚”について。恋愛や結婚の酸いも甘いも経験し男性の心を熟知する恋愛アクティビスト・ミキによる「アラサー女子が人生を幸せに生きるため」の導き。

ミキ オナリ「かわいい修羅場」

結婚するのかしないのか、しっかり自分で考えてみよう

独身の場合、30代も後半に差し掛かると、結婚するのかしないのか、子供は欲しいのかいらないのか。自分はどういう人生を送るのがよいのか、と本格的に悩むことになる。特に一年の計をたてる新年、家族や親戚からもせっつかれたりして、どうしようかと漠然と不安になったりする。

もしも3o代も半ばを過ぎ、40という年齢を身近に感じる年頃になり、本気で「結婚してみたい!」と感じるなら、漠然と思っているだけでなく、一刻も早く真剣に婚活をするべき。

婚活の第一歩、「結婚したい」と誰彼構わず意思を表明するべし

忙しすぎて彼氏のいなかった私の友人は、40歳の時に本気で結婚したいと思いつき、年初めに、この一年は結婚するための真剣な努力をしようと決意した。まず彼女がしたことは「結婚したいので、よい方がいたらどなたか紹介してください」と誰彼構わず意思表明をすること。

(C)Shutterstock.com

初めて会った人にも言ってた。これは本当に偉かった! しかも「どんな方がいいの?」と聞かれたら「子供は欲しくなくて、仕事をさせてくれて、あとは優しい真面目な人で、私と気が合うなら多くは望みません」と。うんうん、具体的な結婚相手のイメージを持つことって、とても大事

それも現実的な理想ね。夢みる夢子な条件を出すのではなく、気が合うということをいちばん重要視。そしてあとは自分の今の生活をそのまま続けられるパートナーであることを条件に。

お金がある人がいいとか言っている人は、いつまでたっても結婚へ近づかないかも。お金がある人と結婚して楽に暮らしたいという現実逃避的&利己的な考え自体がもうNG。お金がある男性は手間がかかる男性。デメリットも多い結婚であることを頭に入れておかなくちゃ。

お金はあるにこしたことはないけれど、そういう目的で結婚したとき、その人にお金がなくなったらその結婚は崩壊しますよ! アラフォーで結婚するなら、地に足のついた結婚のイメージを持つことです。

(C)Shutterstock.com

だって、新しい若い女子が次々と登場するこの世の中において、男子は若い女子といつだって結婚できる。けれど、女子は、これから結婚のチャンスが増えることはほぼない。

まず、男性側の結婚の目的が子供であるなら、アラフォーは敬遠されがちだろうし、働き続ける有能女子なら稼ぎもいいだろうから男性から怖がられる場合も多い。できる女子ほど結婚へのハードルは年々高くなってしまうのだ。

だからまず必要なのは、小さなプライドは捨てること。結婚したい、と素直に表明することがとっても素敵で魅力的♡ 人は素直に正直に自分を表現する人を応援したくなるものだ。

具体的な理想を描いたら、積極的に外に出かけ恋愛アンテナをシャープに張り巡らせて!

実際、彼女のところにはさまざまな男性が紹介されることになった。やはりある程度のスペックをお互い知ってから出会うというのは、大人ならばスムーズで意外と良いのだ。

まずは出会うことが大事だしね。それから、重要なのはたくさん外に出ること。疲れたからと家でじっとしていても出会いがあるはずがない。多少面倒でも、友人たちとの集まりやパーティにも顔を出す。

(C)Shutterstock.com

それからひとりでもおしゃれをして、お買い物に行ったり、展覧会や習い事、ジムに行ったり、と外に出かけるのだ。家にいるよりは絶対にチャンスが広がるし、思いがけないところで出会いがあるかも。

いちばん重要なのは、私は結婚したい!と、漠然とではなくはっきりしっかり意思を持つこと。それによって、自分のぼんやりしていたアンテナがぴーんと立ち上がり、自分に合う男性に対してピピッとセンサーが早く働くようになる。

ぼんやりしていると、自分の恋愛アンテナもどんどん鈍くなり、いい人と出会いがあっても見過ごしてしまうことに。けれど、強い意志によってアンテナは絶対に鋭敏に復活する!

そして男性とお食事をしたり、お出かけすることが増えれば、さらに恋愛アンテナは感性豊かにシャープに変わる。恋愛する癖がつくというか、女性という性を意識するというか。男性にもそれが伝わるような気がするの。

(C)Shutterstock.com

私の友人は、そういうことを一年頑張り、いろんな男性とご飯に出かけるうち、結局は、初めて会った年上の女性に「結婚したいので紹介してください」と言ってみたことがきっかけで出会った同い年の彼と付き合って3ヶ月で結婚した。

優しくて、大学生になる子供がいるバツ1の彼は、新しい奥さんとの間にもう子供はいなくていいと考える人だったので、仕事を続けたい彼女との結婚のイメージも合致したのだ。

忙しかった彼女は相変わらず仕事を思いっきりやり、旦那様との結婚生活を楽しんでいる。週末は仲良く趣味のゴルフを楽しんでいるもよう。

本当に良かった! 有能な女子の素直でかわいらしい頑張りには、神様は必ず素敵な結果をもたらしてくれると思うよ♪

(C)Shutterstock.com

ミキ オナリ Miki Onali

恋愛アクティビスト。
数多くの女性誌やwebでライターとしてファッションやカルチャーの記事を手がけるかたわら、これまで200人以上の悩めるアラサー女子にアドバイスをしてきた恋の伝道師。自身は、恋愛、結婚、離婚、再婚をすべて経験してきた40代。アラサー世代の姉御的存在として、日々恋愛相談にのっている。

イラスト/(c)shutterstock.com

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.06.20

編集部のおすすめ Recommended

July 2018
Grons最新号

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Gronsの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。 ※2 Grons7月号でブランド名の表記に間違いがありました。70ページに掲載のブラウスのブランド名は正しくは"ビューティ&ユース"です。なお問い合わせ先は、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り 03-5428-1894 になります。お詫びして訂正致します。

Feature