Grons.info

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

search
  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 「いい人がいたら結婚したい」“あなたが結婚できない本当の理由”は曖昧な結婚願望にあり!【銀座の婚活アドバイザー曰く】

2019.04.07

「いい人がいたら結婚したい」“あなたが結婚できない本当の理由”は曖昧な結婚願望にあり!【銀座の婚活アドバイザー曰く】

こんにちは、銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザーの立花えりこです。これまで結婚相談所の仲人業や婚活パーティなど様々な出会いの現場で、20代から70代という幅広い世代の婚活に関わってきた私から、「結婚につながる出会い・婚活」について、お届けしていきます。今回のテーマは、あなたが結婚できない本当の理由について。

婚活アドバイザー 立花えりこ

30代で「いい人がいたら結婚したい」は相手まかせの危険な願望!

今こう思っている人は中途半端な婚活をしては、「本当に結婚したいのかよくわからない」と、挫折を繰り返すタイプである可能性大!

本当に結婚したいのかよくわからない
(c)shutterstock.com

「いい人がいたら結婚したい」と思っている人は、内心では「結婚を経験したい」と思っている。

漠然と「いい人がいたら結婚したい」と思っている人は、まだ自分がなぜ結婚したいのか、結婚したい理由が明確にできていない、曖昧な結婚願望を持っているタイプに多いです。

そもそもあなたの言う「いい人がいたら」の「いい人」とはどんな男性像なのかも、具体的にイメージができておらず、お相手次第のことだから…と、結婚したらどんな結婚生活を送りたいのかも、具体的に考えていません。

そんなふうに曖昧に考えてしまうのは、結婚に繋がるものをすべて「相手ありき」で考えているからなんです。あなたの人生なのに、結婚となるとなぜかパートナー主体で考えてしまうから、現実的に考えることができないんです。「いい人がいたら結婚したい」このぼんやりした考えを30代でも引きずっていては、心の中にある「結婚したい」という思いを実現させる行動が伴いません。

婚活は「結婚相手に選んでもらうための活動」でもある

あなたの結婚なんだから、相手ありきで考えてはダメ! とはいえ、どうしても婚活というものは、女性が受け身です。

なぜなら「婚活」って「結婚相手を探すための活動」でもあると同時に、「男性に結婚相手に選んでもらうための活動」だから。

「どんな男性に、結婚相手として選んでもらいたいのか」「その男性にとってあなたは釣り合いのとれた自分なのか」あなたの曖昧な結婚願望を明確にするために、改めて考えてみましょう。

TOP画像/(c)shutterstock.com

婚活アドバイザー 立花えりこ

結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活をサポート。昨今はシニア婚活有識者としても、活躍中。
HP:
Twitter:

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.19

編集部のおすすめ Recommended

JULY 2019
Grons最新号

Feature