Grons.info

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line search
  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 長続きするカップル診断! 相手のどこが好き? 答えによっては…

2019.06.02

長続きするカップル診断! 相手のどこが好き? 答えによっては…

長続きするカップルの特徴を、これまで200人以上の悩めるアラサー女子にアドバイスをしてきた恋の伝道師が解説。

ミキ オナリ「長続きするカップル」

カップルの未来がわかる、たったひとつの質問とは?

結婚が決まったカップルにこんな質問、よくしますよね?

彼(または彼女)のどこがいちばん好き?

驚くなかれ、この答えが未来を占うアンサーです。このとき、答えは1つに絞ってくださいね。

危険信号の答えって?

黄信号
(c)Shutterstock.com

よくある答えとして、「優しいから」「知的で尊敬できるんだよね」「仕事ができる」「カッコよくて(または可愛くて)好みのタイプ!」「リッチですごい人」などトップ5の答えでしょうか。

でも、このあたりの答えをするカップルは危険信号かも。なぜなら、どれも結婚した後(もしくは長く付き合っているうちに)、変化してしまう可能性があるから。

優しい人は、どこか優柔不断であることと同じです。長いお付き合いの間には、その優柔不断さにイライラさせられることも多々あるでしょうし、また、優しさが高評価だった相手が、何か優しくないことをしたとき、どう思うでしょうか。こんな人だったのか、もう一緒にいられない、と思うかも。

知的で尊敬できる、または仕事ができることが決め手だった場合は、その相手が、尊敬できないことをしたら? 大体、尊敬できるというシチュエーションは、学校のクラスや、大学での同好会、体育会、会社での仕事の態度など、大勢を相手にした公的な場で発揮できる能力を指していうことが多いもの。

知的で尊敬できる、仕事ができる
(c)Shutterstock.com

でも、「公」の部分と「私」の部分に差があるのが人間! 尊敬できるところがたくさんあるのに、「私」の場面では、大いに子供っぽかったり、アホな言動をしたり、というのはよくあります。仕事はできるのに、プライベートは最悪、という人はいくらでもいます。尊敬できていた人の、尊敬できない言動を目の当たりにした時、一気に冷めることがあるかも。

では、カッコよくて好み。これはどうでしょう。一見、これは大丈夫では、と思うかもしれないけれど、実は、好みのタイプ、というのも、永遠ではないのです。自分の好みは変わる可能性もあるし、太ったり、髪の毛が変化したりして、先々様子が変わるのは当たり前。徐々に「こんなはずじゃなかった」と思うかも。お金がある、というのも、その人にお金がなくなったらどうするのでしょうか。

『好き』の理由が、永遠不滅のものかが大きな分かれ道

長続きするカップル
(c)Shutterstock.com

長続きするカップルの答えはこう。

「自分の両親を大事にしてくれる」「サバイブ能力が高い」「作ってくれるご飯が美味しい」「運動神経がいいのが素敵」「センスがいい」「一緒にいて疲れない」「努力家」「激昂したりしない人」など、具体的な事象を盛り込んでいる答えがトップに出てくるカップルは安泰です。

両親を大事にしてくれる、という経験は、時間が経っても色褪せるものではありません。同じように、自分が辛い時に一緒にいてくれた、など、感謝を伴う思い出があるカップルは、この先の長いお付き合いの中でピンチがあったとき、別れない、という決断をさせてくれるものです。

両親を大事にしてくれる
(c)Shutterstock.com

サバイブ能力が高いとか運動神経がいい、努力家、というのは、そうそう変化する才能ではありません。こういう、その人自身が生まれ持った能力や魅力に惹かれた場合は、冷めることがそうないように思います。

また、ご飯が美味しいセンスがいい一緒にいて疲れない、というのは、自分との相性がよいことを示しています。衣・食・住・笑の感覚が合う、ということは、長く生活を共にする上で大きな評価になります。激昂したりしない、というように、自分が嫌だなと思うことをしない人、というのも高ポイント。自分と相手の相性を客観的に冷静に見ている証拠です。

好きな部分が多いより、嫌いな部分が少ない人の方が長く一緒にいられる説、というのは本当だと思います。

相手に対して「今」の良さだけで評価してない?

「公私」の「公」の部分だけを見ていいと思っていませんか? その逆も然りです。人の良い部分は、「優しい」に代表されるように、実はダメな部分でもあります。今の良い部分に引っ張られることなく、もし、そのいい部分がダメになったとしても一緒にいられるのか。そこをクリアしているカップルには強い絆があると思いますよー。さてあなたはどう?

TOP画像/(c)Shutterstock.com

恋愛アクティビスト ミキ オナリ Miki Onali

数多くの女性誌やwebでライターとしてファッションやカルチャーの記事を手がけるかたわら、これまで200人以上の悩めるアラサー女子にアドバイスをしてきた恋の伝道師。自身は、恋愛、結婚、離婚、再婚をすべて経験してきた40代。アラサー世代の姉御的存在として、日々恋愛相談にのっている。

イラスト/(c)Shutterstock.com

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.07.17

編集部のおすすめ Recommended

  • Tweets by Grons_JP
  • line

AUGUST 2019
Grons最新号

  • 最新号を購入する
  • 定期購読
  • 試し読み
  • バックナンバー

Feature