Grons.info

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line search
  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. 突発的な吐き気… これって? 排卵してない私がまさかの妊娠か?【妊活日記47】

2019.08.04

突発的な吐き気… これって? 排卵してない私がまさかの妊娠か?【妊活日記47】

33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポートするブログ的連載第47回。

OLライター Hana

【33歳の妊活日記】by OLライターHana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、未だ妊娠に至らず… 自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記はこちら

雨にふられる
(c)Shutterstock.com

「妊活シンドローム」の自分に喝をいれなくては…

ようやく排卵にこぎつけた喜びもつかの間。ヒューナーテストでは判定不能排卵チェックでも撃沈。鍼灸院で転院を勧められ、 転院先を調べるもその面倒な手続きに頭を抱えながらも、頭の中にあるのは妊活の2文字のみ。

そんな脳内妊活シンドローム状態の自分に喝をいれるべく、急遽旅行に行くことを思い立った私なのでした。

今回の旅行は落ち込む自分に喝を入れるべく、奮発して友人と行く1泊の国内旅行と、夫と行く1週間の海外旅行を予約しました。思い返せばたかだか1泊の国内旅行ですら友人と行くのは何年振りか・・・。

これって妊活している人は共感してくれる人多いのではないかしら。もしくは妊活を終えた人が共感してくれるのかな。

妊活をすると決めた後から、夫や家族以外とのプライベートでの外出がことごとく減る現象。もちろんランチとかは行くんだけど、妊活を意識していると夜の飲み会やお酒に抵抗感が出てきてしまうんです。

だって、妊娠した人の妊活ブログ何かを読むと、夜7時には就寝し、子宮と卵巣を休ませるとか、お酒や糖分は控え、たんぱく質と緑黄色野菜を積極的に摂取すべしとか書いてあるし。そこまでする人ってすごいなあと思いつつ、何となく無意識にそしていつの間にやら自分も便乗していたという・・・

きっとこれも妊活シンドロームの症状のひとつ。

海外旅行
(c)Shutterstock.com

妊活日記を始めた時点での私は、何となくゆるく始めま〜すとか書いておきながら、いつの間にか私かなり思いつめていたんですね。

そのようなワケで、今週期の妊娠は無理だったこと、もう一度排卵させることから始めないといけない現実から目を逸らし、いや、目を逸らしというよりも気分転換にするために、旅行準備に勤しむのでした。

そうして迎えた旅行当日、張り切りすぎてあまりにも早く用意ができてしまった私は、ボンヤリお土産何買おうかな〜なんて考えていました。

その時・・・

Hana「!?」

!?
(c)Shutterstock.com

Hana「!?」

!?
(c)Shutterstock.com

Hana「ナンジャコリャーーーーー!!!!」

突如、予告なしに吐いた私。吐いたというか、ゲロったというか、口からゲロが溢れたっていうか(なんという汚すぎる表現)

噴火
(c)Shutterstock.com

でも普通吐くときって体に力を入れて「おえ〜」っていう感じでしょ? そうじゃなくて勝手に口から「ダラー」みたいな。。。それも出かける寸前にリビングのど真ん中でという・・・なんていう悲劇。

あ。。。。。。もしかしてここまで読んでくださった皆さんに「まさか!?」と思わせてしまっているのでしょうか?

私も一瞬そう思ったんですよ。

「まさか!!!!! ついに!! これが夢にまでみたドラマの中で妊娠に気づかれる『あなたもしかして・・・?』の場面なのかしら!?」って(あなたもしかしてと言ってくれる人が隣にいなかったから、私もしかしてになってしまったけれど・・・)。

けれど、ヒューナーアウト、排卵アウトの状態で妊娠に至るワケがないです。排卵していないのに妊娠するのは、処女なのに妊娠したマリア様と同じくらいおかしいです。

それでも、マリア様だって処女なのに妊娠したワケですから、私だって排卵していなくても妊娠するかもしれません。これがいわゆる妊活シンドロームの脳ですね。

妊娠チェック
(c)Shutterstock.com

自分でも書いていて怖くなりますが、旅行前に気になって気になってたまらない私はこっそりいつかの日のために使おうとトイレの扉の中に隠していた秘密兵器「妊娠検査薬」を、一人心の中で「にんしんけんさやくぅ〜」と呟きながら取り出したのでした(ドラえもんが絶対に使わない道具)。

つづく

これまでの記事:妊活日記はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.24

編集部のおすすめ Recommended

  • Tweets by Grons_JP
  • line

SEPTEMBER 2019
Grons最新号

  • 最新号を購入する
  • 定期購読
  • 試し読み
  • バックナンバー
Grons9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature