Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美女エディター肉日記
  4. ジビエの美味しさに開眼!【Nico】食べる手もおしゃべりも止まらない肉食女子会♪

2018.02.28

ジビエの美味しさに開眼!【Nico】食べる手もおしゃべりも止まらない肉食女子会♪

今回は新日本橋にある、カジュアルに美味しいジビエを楽しめるお店。Gronsの美容ページで活躍するお肉大好きエディターが、美味しかった&盛り上がった忘れられないお肉のお店を日記帳で徒然にお届けします!

門司紀子

肉好きを豪語しておりますが…実はジビエにちょっぴり苦手意識がありました。でもココに行ってから「寒い季節がやっぱりジビエだよね~♪」と一丁前に発言してしまうほど、ジビエの美味しさに開眼w

新日本橋駅&神田駅からほど近いジビエが美味しいお店・Nico

Nico 看板

Nico

うかがったのは以前グルメな先輩に「美味しくてコスパよくていいお店!」とお薦めされたNico。新日本橋駅からも神田駅からも徒歩5分弱の、狭い路地に佇む知る人ぞ知る隠れ家的なお店。ビニールカーテンのエントランスが目印です!

エントランス 仕入れ一覧

エントランスには、今日のジビエの仕入れ一覧が! ユニーク!

樽テーブル席

この日は女子4人で訪問。ビニールのエントランス入ってすぐの樽テーブル席でしたが…電気ストーブ完備&ブランケットも用意されていて、さほど寒くはなかったです。

最初のひと皿は素材の旨みが生きた、蝦夷鹿のタルタルで決まり!

蝦夷鹿もも肉のタルタル

まず頼んだのは、蝦夷鹿もも肉のタルタル(¥850)。まったく臭みもなく、味にクセもなく、肉らしさはほのかに感じつつもフレッシュで美味しすぎ♡

田舎風パテももちろんジビエ!

本日のジビエパテ

こちらは本日のジビエパテ(¥750)。猪や青首鴨などが使われた田舎風パテ。これは少々クセがあるものの、ワインが進むお味。前菜はほとんどがひと皿¥1,000以下、しかも数人でシェアしてもそこそこな量が楽しめるうれしい!

多彩な前菜は、全制覇したくなるほど!

鶏白レバーのコンフィ

鶏白レバーのコンフィ(¥650)。独自の低温調理でしっとりと、なめらかな舌触り。ひと口頬張るごとに元気がみなぎります!

キャロットラペ

肉のお供には、キャロットラペ(¥480)。さっぱり旨い!!!

特製カスレも必食の美味しさ!

Nicoのカスレ

Nicoのカスレ(¥1,250)は、自家製ソーセージ×白インゲン豆の美味しさが見事にマッチしたひと皿。あぁ幸せ♡

メインはガツンと蝦夷鹿のロースト!

蝦夷鹿のロースト

メインのお肉には、黒板に書いてあった本日のおすすめ、蝦夷鹿もも肉のロースト(時価。確か¥2,000~¥2,500くらいだったような…)を。旨みが詰まった赤身肉はやわらかく、いい意味での肉っぽいクセがあって、口の中でじゅわりじゅわりと美味しさがにじみ出てきます♪

実はこの日、お肉がそんなに好きなわけではない友人もいて、自分が行きたい一心でお店を選んでしまったことを申し訳なく思っていたのですが…まったく臭みがなく、脂っこくなく、フレッシュでヘルシーなジビエに感動していました!

ここのお店はハンターと直接取引をしているので、冬だけでなく1年中、新鮮なジビエが楽しめるとのこと。元気出したいとき、ちょっと変わったお肉を食べたいときにぜひ! ジビエが苦手、って人にもぜひ味わっていただきたいです♡

Nico
東京都中央区日本橋室町4-3-14

門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Grons』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。Instagramアカウントは

 

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.08.22

編集部のおすすめ Recommended

Sep 2018
Grons最新号

6月28日に発売したGrons8月号P.100掲載の“Teva”のサンダルのライン名に誤りがありました。正しくは「ミッドフォーム ユニバーサル」です。お詫びして訂正いたします。

Feature