Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 春に効く旬食材【ふきのとう】【たらの芽】で花粉症&むくみ対策を!

2018.03.25

春に効く旬食材【ふきのとう】【たらの芽】で花粉症&むくみ対策を!

漢方アドバイザー・国際中医薬膳師の大木さと子が、東洋医学の視点から仕事をする女性を元気にする情報をお届けします!

大木さと子 国際中医薬膳師

ムズムズと小さな不調を感じる春。旬の食材「ふきのとう」「たらの芽」で巡りの良い体に!

「旬の食材」が体に良いワケとは?

春には春の食材を、夏には夏の食材を。旬の食材がなぜ体に良いのか? 単純なようですが、旬の食材とはつまり、その季節の気候を乗り越えるパワー(栄養素)を持っているということ。自然の恵みを体に取り入れれば、季節特有の不調も予防できるというわけです。

花粉症にも! 春にぴったりの効能「ふきのとう」

ふきのとう

冷たい大地、雪の中からでも顔を出して春を告げる、ふきのとう。独特の苦味は、春に弱りやすい肝機能の向上に役立ちます。食物繊維も豊富なので便秘の改善、咳など呼吸器系の不調にも。花粉症、血行不良からくるだるさなど、春ならではの症状を改善します。

むくみやのぼせに「たらの芽」

たらの芽

山菜の王様とも呼ばれるたらの芽。水の巡りや血の巡りなどを改善してくれます。さらに嬉しい効能は、たらの芽の苦味成分は血糖値の上昇の抑制、アルコールの吸収を抑えると言った作用もあるということ。居酒屋さんで見かけたらぜひ食べたい食材のひとつです。

「ふきのとう」「たらの芽」ともに、冬に体に溜め込んだ不要なものを解毒し、デトックスする効能が。春の苦味やアクは、新陳代謝が盛んになるこの時期の体に良薬ですが、まれにアレルギー反応が出る場合もありますので、様子を見ながら適量を召し上がってくださいね。

大木さと子

国際中医薬膳師・漢方アドバイザー。日本中医学院(旧・国立北京中医薬学大学日本校) 卒。普段はメーカー勤務、よく食べよく飲むOL。ふだんメシをアップするにて、薬膳の情報も発信中。

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.06.21

編集部のおすすめ Recommended

July 2018
Grons最新号

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Gronsの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。 ※2 Grons7月号でブランド名の表記に間違いがありました。70ページに掲載のブラウスのブランド名は正しくは"ビューティ&ユース"です。なお問い合わせ先は、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り 03-5428-1894 になります。お詫びして訂正致します。

Feature