Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. Grons.info's
  4. 英語で使い分けられる?「お土産」と「手土産」の違い|外資系IT企業OL・中谷晶子の知ってこなれる英会話

2018.05.07

英語で使い分けられる?「お土産」と「手土産」の違い|外資系IT企業OL・中谷晶子の知ってこなれる英会話

旅先の「お土産」と、訪問先へお邪魔するときに持っていく「手土産」が英語だと違うって知っていますか? 仕事の場面や旅先など、英語が求められる瞬間は急に訪れるもの。そんなときにパッと使える、簡単だけど少しこなれ感を演出できる英会話フレーズを、外資系IT関連企業勤務・中谷晶子さんが紹介します。

中谷晶子

Lesson4:手土産=souvenirではない??

楽しいGWもあっという間に過ぎ…、連休明けの出社日はほんのりユウウツになりますよね。

そんな気持ちを少しだけ癒してくれるのが、休み明けに同僚から配られるたくさんのお土産。海外限定のお菓子や国内の名産品など、旅の余韻に少しだけ浸れる瞬間です。

では、そのお土産を手渡すとき、英語だったらなんて言いえば良いかわかりますか?

たとえば、ハワイ旅行のお土産を渡すのであれば、シンプルにこんな言い方ができます。

This is a souvenir from Hawaii.”

『ハワイのお土産です。』

このように、海外旅行に出かけた記念ともいえる「お土産」であれば、“souvenir”という表現がしっくりきます。

ただ、ここでひとつだけ注意ポイント!

日本では仕事相手の方へのご挨拶や会食のシーンで、いわゆる「手土産」を持っていくことがありますよね。日本語では両方とも「土産」という表現を使いますが、英語だと同じ“souvenir”という表現を使わないのです。

仕事相手の方に「手土産」を渡す、そんなシーンでは、こんな言い回しがおすすめです。

Here’s a little something for you. I hope you like it”

『ちょっとした手土産です。気に入ってもらえると良いのですが』

ここで、“souvenir”と言ってしまうと、海外からのゲスト(特に日本の手土産の文化に慣れていない方)は、「え? どこか行ってきたの?」と思ってしまうので、ぜひ意識して使い分けてみてくださいね。

Grons.info’s 中谷晶子

小中学校をアメリカで過ごし、現在はIT企業に勤める32才。2018年4月からoggi.jpにてブログを執筆する“Grons.info’s(オッジ ジェイピーズ)”としての活動を開始。趣味は新たなお店開拓。美味しいお肉とお酒を糧に日々奮闘中。働く女性に向け、ビジネスから旅行のシーンまで、簡単ながらこなれた印象を与える英会話情報を発信します。

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.05.24

編集部のおすすめ Recommended

Jun 2018
Grons最新号

Grons5月号の記事に誤りがありました。98ページ右上のブランド表記"ENFÖRD"は、正しくは"ENFÖLD"です。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Gronsの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。

Feature