Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. ウェディング
  4. シューズはジミーチュウのブラックに!!|挙式小物編【読者モデル森咲子】のリアルウェディングレポ!

2018.05.12

シューズはジミーチュウのブラックに!!|挙式小物編【読者モデル森咲子】のリアルウェディングレポ!

読者モデルの森咲子がお送りする、リアルな大人ウェディングレポ。まさかのエイプリールフールにプロポーズされ、13年間付き合った彼と結婚した私。この連載では、婚約から結婚式までの道のりや結婚式準備を少しずつ紹介します。

森咲子

こんにちは。です。

最近家で記事を書いていると、うちのやんちゃ犬1号の“むぎ”が私の足をホリホリして「膝にのせて!」と催促するようになりました。“むぎ”の耳越しにパソコンを見る日々です(嬉)。ちなみに、やんちゃ犬2号の“おこめ”は少し離れたところで倒れたように寝ています。

同じ豆柴でも全然性格が違うんですね~!!

さて、前回は選んだウェディングドレスについて紹介したので、今回はドレスに合わせた挙式時の小物について紹介します。

ベールはキラキラのロングベール!

挙式のときに身に着ける小物で一番悩んだのは、ベールでした。最初はあまりこだわりがなかったので、ドレスショップでレンタルしようと思っていたんだけれど、ドレスショップではレンタルのベールはなくて全て購入品とのこと。

「じゃあ、とりあえずネットでいろいろ見てみよう~!」と思い、暇があれば検索! 検索!! “ウェディング ベール”と毎日のように検索していたら、私の好みドンピシャのベールを発見!

ロングベール

ELEN HENDERSON(エレンヘンダーソン)のロングベール!

コレ、正直悩んだ悩んだ。。。

だって、ベールって挙式の時しか身に着けないから、ここにこだわる必要あるのかな?? って。でも、挙式の時ってゲストにほとんどの時間背を向けているから、ベールがキラキラだったらステキじゃない? って自分に言い聞かせつつ自分を言いくるめて(笑)。

でも考え抜いた甲斐あって、後日ゲストから「ステキなベールだったね~」って褒められてニンマリでした。

挙式

アクセサリーは、イヤリングとブレスレットを身に着けることにしました。ヘアアクセサリーは何もつけず、ベールを引き立てることに。

イヤリングは、ブライダルアクセサリーブランドのorgablanca(オルガブランカ)

イヤリング

実は私、首と耳が金属アレルギーなんです。ピアスだとプラチナとかゴールドとか無駄にお高級な素材しかダメなので(泣)、イヤリングタイプに! 私の場合、少しの間だったら合金素材のイヤリングでも大丈夫なのですが、症状は人それぞれですので、金属アレルギーの方は素材に注意が必要ですね。

そして、ブレスレットはJULIEBRIDAL(ジュリーブライダル)

ブレスレット

ビーズとビジューを組み合わせたキラキラのブレスレット。オーガンジー素材のリボンで、ドレスのチュール素材とマッチしてくれたと思います。グローブと迷ったけれど、ガーデンウェディングだし、ちょっとカジュアルな印象のブレスレットにしてよかった。「指輪付けてもらうときに上手にグローブ外せるかな?」っていう不安も払拭されたし(笑)。

ウェディングシューズは敢えてブラック!

ウェディングシューズ

最後はウェディングシューズ!! ウェディングシューズって白かシルバーってイメージが強かったんだけれど、私は結婚式後もたくさん使えるようにブラックにしました。

ウェディングシューズ

JIMMY CHOO(ジミーチュウ)

結婚式以外では、まだ2回しか使っていないけどね(笑)。だって、ジミーチュウさんって勿体なくてなかなか普段使いできないよ。。。

余談ですが、私がレンタルしたドレスショップではヒールの太さに制限があったので、歩くときは黒のヒールプロテクターを使用しました。

ヒールプロテクター

本来は、社交ダンスなどのダンス用品らしいです。

今まで何回も結婚式に出席してきたけれど、実際自分で挙式をしてみたら、結婚証明書が結構しっかりした本でビックリしたり(ちょっと置き場所に困っています。笑)、指輪をつけてもらうときの仕草をレクチャーされたり、結婚式の裏話的な「そうなんだ~!」っていうことが多かったです。

でも、神父さんは期待を裏切らず片言の日本語だった(笑)。

結婚証明書

【読者モデル森咲子】のリアルウェディングレポ!

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.05.22

編集部のおすすめ Recommended

Jun 2018
Grons最新号

Grons5月号の記事に誤りがありました。98ページ右上のブランド表記"ENFÖRD"は、正しくは"ENFÖLD"です。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Gronsの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。

Feature