Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. 倉敷の宝物【大原美術館】へ|ノンビリ派・宮本 萌の【岡山・倉敷旅】日記1

2018.05.28

倉敷の宝物【大原美術館】へ|ノンビリ派・宮本 萌の【岡山・倉敷旅】日記1 【PR】

オッジェンヌ・宮本 萌さんの心に響いた! 本誌7月号の企画で訪れた【岡山・倉敷】エリアの癒しスポットを紹介する短期連載です。初回は、倉敷美観地区のランドマーク【大原美術館】の魅力について。

オッジェンヌ 宮本 萌

倉敷美観地区の美しさに感動。

先日、初めて倉敷・岡山に1泊2日で訪れました。その様子を全5回の記事でお届けします! 初日は倉敷へ。観光の目玉となっている美観地区へ向かいました。一気に東京とは違う雰囲気に、旅へ来たんだな~と、実感。心が解放されたような気がしました。

倉敷美観地区

倉敷美観地区

外観も美しい大原美術館へ

倉敷美観地区で最初に訪れたのが、美しい街並みのひとつになっている素敵な美術館「大原美術館

大原美術館

日本発の西洋美術館なんだそうです! 世界的に有名な名画がずらり。それだけでなく、【陶芸・木版画・染色・古代美術品】も展示しており、まさに美術の祭典! と言いたくなるような場所。

実業家の大原孫三郎氏の支援で、洋画家の児島虎次郎が自らの作品と、西洋近代美術、古代からの作品を収集して創設されたそうです。いち個人が収集して築きあげてきた美術館と知ると驚きです!

その跡を継いだ長男 大原總一郎氏が、「美術館は生きて成長してゆくもの」という信念のもと、 所蔵作品を充実・展示場の増設を行い、今に続いています。

正直、ふだん美術館に行くとスタスタと歩き進んでしまって時間を持て余す(笑)、そんな私でも「時間が足りない」と感じた美術館でした。美術に知識と教養の無い私ですが…なんか見たことある! という作品や、詳しくは分からないけどなんだか惹きつけられる! という作品が多く、次から次へと館内を進みたくなる、名画がとにかく豊富にそろっているんです。

残念ながら内観は撮影できませんでしたが、建物自体も大変美しく、外観も楽しめます。

大原美術館

時間がある時にゆっくりまわるのがオススメですが、是非1度と言わず、2度3度訪れても絶対に楽しい美術館だと思います。

■紹介したSPOT■
岡山県・倉敷市 

オッジェンヌ 宮本 萌

2015年からGrons専属読者モデル「オッジェンヌ」として活動。ファッション誌大好きな31歳。普段はGrons.info内で「リアル買いブログ」を執筆中。そのブログUP情報はインスタグラムアカウントから確認できます

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.10.16

編集部のおすすめ Recommended

Nov 2018
Grons最新号