Grons.info

美しく

search
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. たじはるさん流【ひとり旅】を楽しむ5つの心得|田島知華さん監修

2018.06.09

たじはるさん流【ひとり旅】を楽しむ5つの心得|田島知華さん監修

たじはるさん流【ひとり旅】を楽しむ5つの心得。田島知華さんおすすめは、思い立ったらすぐ行ける! 海外ソロ旅初心者向けのお手軽LCC旅。【ひとり時間】を満喫するための極意。

トラベルフォトライター・田島知華さんのおすすめ!

アラサーなら、一度は挑戦してみたい海外ソロ旅。そこで、ひとり旅のプロに、初心者でも訪れやすい最新のモデルコースを教えていただきました。教えてくれたのはトラベルフォトライターの「たじはる」こと田島知華さん。

たじはるさん流! ひとり旅を楽しむための心得5

[1] まずは勢いで航空券とホテルをとる!

あえて後に引けない状況をつくる。周囲に「海外ソロ旅に出る!」と宣言するのもアリ。

[2] 防犯対策にサングラスが使える

日本人とわかるとスリなどの標的になることも。目元を隠すだけでカモフラージュになる。

[3] 「旅人」すぎないファッションで街になじむ

機能性重視のアウトドアすぎる服装だと街から浮く。行き先に合った服装で現地に溶け込んで。

[4] ストール&帽子持参で行動範囲が広がる

欧米ではラフな格好では入店を断られる店も。プラスするだけでサマになる小物があると便利。

[5] セルフィーより道行く人に頼む

「写真を撮って」と現地の人に話しかけることで、現地のオススメ情報も聞き出せる。

翻訳アプリとLCCが強い味方!

「以前はハードルが高く思えた海外ソロ旅。最近はスマホの翻訳アプリなど便利なツールが登場し、ひとり歩きが簡単に。LCCで手軽に行ける国が増えたことも手伝い、グッと身近になりました。海外ソロ旅を『大変、寂しい』と思っているなら大間違い。だれかと一緒だと、その相手とだけ話して終わってしまうもの。でもソロ旅なら、必要にかられて現地の人と話すうち、ローカルなレストランを教えてもらうなど非日常の体験ができます。何より文化の違う場所で行動することで決断力や責任感が生まれ、自信がつきますよ。自分の力で、知っている土地が世界に広がっていくワクワク感は、一度味わったらヤミツキになること間違いなし」(田島さん)

こちらもチェック:海外予算6万円~【ひとり旅】初心者向け!LCCで行くマレーシア|田島知華さんおすすめ

Grons5月号「ポジティブソロ充ライフのすすめ」より
構成/酒井亜紀子・佐々木 恵(スタッフ・オン)、大椙麻未、菊谷まゆ(本誌)
再構成/Grons.info

田島知華さん

トラベルライター。1991年生まれ。19歳で海外ひとり旅へ出かけて以来、現在までに50か国を訪問。「世界をカラフルに切り取る」をテーマにした旅を提案している。著書に『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)。

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2018.06.23

編集部のおすすめ Recommended

July 2018
Grons最新号

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Gronsの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。 ※2 Grons7月号でブランド名の表記に間違いがありました。70ページに掲載のブラウスのブランド名は正しくは"ビューティ&ユース"です。なお問い合わせ先は、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り 03-5428-1894 になります。お詫びして訂正致します。

Feature