Grons.info

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

search
  1. トップ
  2. 自然体でかっこいい、春の最新ワードローブ

2019.03.28

自然体でかっこいい、春の最新ワードローブ

PR/ウィム ガゼット

PR

リネンやコットンなど肌にも気持ちにも心地よく寄り添う素材を、洗練された大人のデザインに昇華させた〝ウィム ガゼット〟のワードローブ。スタイリスト・金子 綾さんとのコラボワンピースも完成! 今欲しいアイテムを、厳選してお届けします。

〝ウィム ガゼット〟のクリーンな新作で心地よさと大人の洗練を手にいれて。

スタイリスト 金子 綾コラボ!

べージュ&黒の2色で登場「一枚で決まる」ワンピース、完成!

オンでもオフでもシーンを問わず着られること。着回し力が高いこと。なおかつ春夏に一枚で着ても決まる。シンプルだけど無難じゃなく、雰囲気がある。そんな一枚を目指してつくりました。

スタイリスト 金子 綾

AYA KANEKO
卓越したコーディネート提案で大人気。新刊『a only. スタイリスト金子 綾「好き」だけを集めてつくる、私らしいおしゃれ』(小学館)が発売中。

BEIGE
辛口リッチな小物を配してキレ味よく女らしさを表現

辛口リッチな小物を配してキレ味よく女らしさを表現

「ワンピースをつくってほしい、と聞いて、まず選んだのがこの生地です。端正さと、自然なシワ加工によるラフな雰囲気のバランスに惹かれました」。金子さんが選んだのは、きれいめシャツなどに使用されるコットン100%のタイプライター生地にワッシャー加工をほどこした素材。高いウエスト位置から上身頃にギャザー、下身頃にタックをプラス。一枚で着映えるメリハリ感とニュアンス、スタイルアップ効果が叶う。

〝ウィム ガゼット〟のワンピース¥28,000・靴¥38,000・〝ザンケッティ〟のバッグ¥128,000・〝ルーカス ジャック〟のピアス¥14,000・〝ソコ〟のリング¥9,500(ウィム ガゼット 丸の内店)

BLACK【ブラックを着回し!】
王道ジャケット+ワンピはハイウエストでバランスUP

王道ジャケット+ワンピはハイウエストでバランスUP

メンズライクなネイビージャケットで、カリッとした仕事スタイルに。高め位置のウエスト切り替えがジャケットのインにアクセントを演出。シックな配色コーデものっぺり見せず、表情豊かに仕上げてくれる。ボリュームのあるローファーや巾着バッグで抜け感を添えて。

〝ウィム ガゼット〟のワンピース¥28,000・ジャケット¥38,000・〝マルコ マージ〟のバッグ¥24,000・〝ジョセフ〟の靴¥65,000・〝フィリップ オーディベール〟のピアス¥9,500・リング¥9,500(ウィム ガゼット 丸の内店) ソックス/スタイリスト私物

BEIGE【ベージュを着回し!】
シンプルきれいなワンピをゆるGジャンで高感度に

シンプルきれいなワンピをゆるGジャンで高感度に

ワンピースのラフでドライな風合いとベージュの色みに、デニム素材は相性抜群! オーバーサイズのGジャンをざっくり羽織るだけで旬のバランスに。スポーティなバッグや、デニムとリンクするブルーの上品なミュールなど相反するテイストの小物を投入し、カジュアル感と大人っぽさのさじ加減を自分らしくコントロールして。

〝ウィム ガゼット〟のワンピース¥28,000・ジャケット¥32,000・レギンス¥15,000・〝バッグインプログレス〟のバッグ¥13,000・〝ニナ リッチ〟の靴¥69,000・〝ベン アムン〟のバングル[クリア]¥21,000・バングル[シルバー]¥15,000(ウィム ガゼット 丸の内店)

BLACK【ブラックを着回し!】
斜め掛けしたスエットでモードな大人カジュアルに

斜め掛けしたスエットでモードな大人カジュアルに

今回のこだわりのひとつは、あえてギャザーや切り替えを入れないストレートな袖。ワンピースが持つ甘い要素をセーブし、たくし上げても伸ばしてもモードな雰囲気が楽しめる、金子さんらしいデザイン。カーキのボーイッシュな小物で大人のカジュアルが完成。

〝ウィム ガゼット〟のワンピース¥28,000・肩に巻いた〝ミクスタ〟のスエット[別注]¥11,000・〝バッグインプログレス〟のバッグ¥16,000・〝ミュールバウワー〟のキャップ¥7,000・〝ベン アムン〟のバングル¥15,000(ウィム ガゼット 丸の内店)

スタイリスト 金子 綾セレクト!

〝ウィム ガゼット〟で見つけた、この春着たい洗練ワードローブ厳選8

■リネン素材の〝ビッグシャツ〟

リネン素材の〝ビッグシャツ〟

「春らしさを素材で取り入れるなら、と選んだのがこちら。少し肩の落ちたドロップショルダーや太めのアーム、長めの後ろ丈など、今年っぽいバランスが即つくれるゆきとどいたデザインが◎」

端正なシャツを、トレンドのゆったりオーバーサイズにアレンジ。ゆるっとしたシルエットながら、小さめな襟がカジュアルすぎない女らしい印象をキープ。長めのカフスはそのまま伸ばしても、たくし上げても決まる。リネンシャツ各¥21,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)

■フロントドレープの〝タイトスカート〟

フロントドレープの〝タイトスカート〟

「シーンを問わず着られるシンプルなタイトシルエット。さりげないアクセントを添えるアシメトリーなドレープと、ニュアンスカラーが得意なこのブランドらしいカーキの色みにひかれました」

グレーがかった、ブラウン寄りのシックなカーキ。センターよりやや左にあしらわれたドレープが、ウエストまわりをカバーしつつ女らしい表情をプラス。〝ウィム ガゼット〟のスカート¥17,000・カットソー¥8,200・靴¥38,000・〝ベン アムン〟のバングル¥24,000(ウィム ガゼット 丸の内店)

■ニュアンスカラーの〝大判ストール〟

ニュアンスカラーの〝大判ストール〟

「ともするとほっこりナチュラルに転びがちなリネンストールですが、これは断然大人っぽく、モダンな雰囲気。ふっくらと丹念に織り上げられた風合いと、後染めの繊細な色がとても素敵です」

良質なベルギーリネンの大判ストール。色違いで2枚ラフに巻き、ボリュームと配色のニュアンスを楽しむのが金子流。〝アソースメレ〟のストール各¥27,500・〝ゲミニー〟のプルオーバー¥10,500・〝フィリップ オーディベール〟のピアス¥11,000・リング¥9,500(ウィム ガゼット 丸の内店)

■リブニット〝ロングスカート〟

リブニット〝ロングスカート〟

「リブニットスカートといえば〝ウィム ガゼット〟と思うほど、私にとってブランドを象徴するアイテム。ほかにはないグレイッシュベージュの色やしなやかなリブなど、今季も魅力は継続!」

トレンドが続くリブニットスカート人気の元祖火付け役、と言っていいほど、以前から継続してリリースされている一枚。レーヨン混でしっとりとろみのある風合いが、リブニットのカジュアル感を女っぽさへとシフトしてくれる。スカート¥15,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)

■ベージュの〝スエードパンプス〟

ベージュの〝スエードパンプス〟

「パッと見た瞬間、インポートかな? と思った一足。すっきり美しいフォルムと絶妙なべージュのスエード素材で、使いやすいこと間違いなし。久々にヒールが履きたい今季、重宝しそう!」

ヒール高は7.5cm。かかとからすとんと伸びるヒールは、安定感がありつつ華奢な印象を足もとにもたらす絶妙な細さに設定。歩きやすく足がきれいに見えるよう細部まで計算しつくされた、ブランドオリジナルの美シルエットパンプス。靴¥36,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)

■リネン素材の〝セットアップ〟

リネン素材の〝セットアップ〟

「今シーズンぜひ手に入れたい、トレンドのセットアップ。リネン素材なら印象がかたくなりすぎず、程よく力の抜けたハンサム感が叶います。メンズライクな仕立てにこだわって選びたいです」

トラッドすぎず旬すぎずで単品使いしやすい、シングルジャケット&ストレートワイドパンツ。〝ウィム ガゼット〟のジャケット¥34,000・パンツ¥24,000・〝ミクスタ〟のTシャツ[別注]¥6,800・〝デイト〟の靴¥31,000・〝ソコ〟のピアス¥10,000・リング¥9,500(ウィム ガゼット 丸の内店)

■スモーキーブルーの〝シャツコート〟

スモーキーブルーの〝シャツコート〟

「ベーシックなコートほどかっちりしすぎず、カーディガンほどリラックスしすぎず。そんな気分にちょうどいいのがこんなシャツコート。淡い色のデニムにも合うニュアンスブルーも好みです」

プリントTシャツとデニムの淡いモノトーンスタイル。新鮮なコート一着で、上級者っぽいコーディネート感が宿る。〝ウィム ガゼット〟のコート¥38,000・パンツ¥23,000・〝ラヴ〟のTシャツ¥19,000・〝フィリップ オーディベール〟のブレスレット¥15,000(ウィム ガゼット 丸の内店)

■ラフィア素材の〝リュック〟

ラフィア素材の〝リュック〟

「上質なラフィアの大ぶりバッグって好きなんです。〝ウィム ガゼット〟はオリジナルのみならず、セレクトのセンスもすごくいい。大人に似合うラフで気の利いた小物やアクセが見つかります」

しなやかなラフィア素材をふっくらとしたフォルムに仕立てて。着こなしを上質な大人カジュアルに導くリュック。太いロープや大きなシルバーのハトメ、ベージュレザーのドローストリングが上品リッチなムードを演出。バッグ¥31,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈メゾン エヌ アッシュ パリ〉)

撮影/来家祐介(aosora/人物)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/土屋巴瑞季 デザイン/髙橋桂子 構成/須藤由美

協力/
ウィム ガゼット 丸の内店 TEL:03・6269・0121
ウィム ガゼット 青山店 TEL:03・5778・4311

LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.16

編集部のおすすめ Recommended

MAY 2019
Grons最新号

Grons5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Grons5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。