Grons.info

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line search
  1. トップ
  2. スタイリスト金子 綾さんが「ビームス ライツ」でセレクト!「初夏に着たい大人のワードローブ、10のキーワード」PART2

2019.05.17

スタイリスト金子 綾さんが「ビームス ライツ」でセレクト!「初夏に着たい大人のワードローブ、10のキーワード」PART2

PR/ビームス ライツ

PR

「Life as a Journey」をコンセプトに、旬の気分を上品に取り入れた大人のデイリーアイテムを提案する〝ビームス ライツ〟。その最新ワードローブから、スタイリスト金子 綾さんがつくったコーディネートをお届けする企画の第2弾。金子さんが今気になる「10のおしゃれキーワード」とともにご紹介します。

【PART1】はこちら

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 11
「ラメカーディガンで、初夏の単調コーデを卒業」

ラメ混素材×斜め肩巻きで、カーディガンのコンサバ感を払拭

“今から夏にかけては、選ぶアイテムも素材もどんどん薄く、シンプルにそぎ落とされていく時期。ワントップ+ワンボトムのコーディネートがメインになってきます。そんなときに便利なのが薄手のカーディガン。Tシャツのロゴの黒を拾い、黒のカーディガンを選べば簡単です。さらにラメ混のタイプならのっぺり見えず、涼感も華やぎも発揮。肩掛けや羽織りにするのはもちろん、斜めに巻いてアシンメトリーなバランスを演出するのが気分です”

〝ビームス ライツ〟の肩に巻いたカーディガン¥6,650・スカート¥14,000・〝エバーアフター〟のTシャツ¥5,500・〝コット〟のバッグ¥13,500・〝ジェイヴィエム〟の靴¥11,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 12
「今季は断然、大人もショーパン!」

長め丈を選び、ジャケットを合わせれば一気に大人の洗練とモードが手に入る

“好きなものはトレンドに左右されないタイプですが、ショートパンツもそのひとつ。そして今季は注目アイテムとして急浮上! そのおかげで、大人もはけるきれいめショートパンツがたくさん見つかります。こちらのネイビーの長め丈のショートパンツとジャケットのセットアップのように、ジャケット合わせで挑戦すればカジュアルすぎません。インナーも黒で締めて大人っぽく。パンプス+靴下のほんのりモードな足元で、ジャケットのきちんと感を抜いて”

〝ビームス ライツ〟のジャケット¥17,000・パンツ¥12,500・Tシャツ¥7,500・ソックス¥1,300・〝コット〟のバッグ¥13,500・〝ジェイヴィエム〟の靴¥12,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 13
「初夏のクラシック&レトロな小物合わせ」

さわやかな配色に小物で品のよさをプラスして、大人のデニムスタイルに

“白のシャーリングTシャツにデニム、アイスブルーの差し色。どれも好きな要素を組み合わせたコーディネートですが、小物次第でともするとナチュラル感過剰に転びがち…。そこで、ワンハンドルバッグやマットなベージュピンクのバレエシューズなど、色もデザインもクラシック&レトロな小物を投入。さわやかなコーディネートに小物の上品さや女らしさが加わり、ほっこり感を払拭。カジュアル一辺倒にならない、大人のチャーミングなデニムの着こなしに”

〝ビームス ライツ〟のジャケット¥12,000・Tシャツ¥9,000・靴¥6,600・〝モナーム×ビームス ライツ〟のパンツ¥15,000・〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥13,000・〝エクアアンディーノ〟のハット¥9,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 14
「〝黄み〟と〝濃度〟を共通させたトーンONトーン」

「色の共通項」にこだわって選んで異なる色をなじませ、新鮮配色に

“黄みの強いキャメル、黄みを含んだブルーグリーン、そしてライムグリーンのバレエシューズ。一見キャラクターが違う色同士ですが、まとまって見える理由はどの色も同じくらい「黄み」を含んでいること、そして「色の濃度」が等しいこと。トップスとスカートの配色だけだと初夏には少し重いので、パキッと明るいライムグリーンを少量、足元とかごバッグで効かせて。トップスと同じ色のカーディガンで、ワントップワンボトムの着こなしに立体感を投入”

〝ビームス ライツ〟の肩に巻いたカーディガン¥11,000・スカート¥13,000・〝ラッピンノット〟のニット¥19,000・〝マルコ ビアンキーニ×ビームス ライツ〟のバッグ・¥12,000・〝レメ〟の靴¥14,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 15
「夏のオールブラックは、素材感をすべて変える」

素材感の違いで、初夏の黒を表情豊かに、軽やかに楽しみたい

“初夏から夏に着る黒は重たく見せない、というマイルールがあります。前回と違うアプローチで、もうひとつ。シアーなブラウス、マットなリブニットパンツ、ドライなラフィアのクラッチなど、オールブラックの着こなしは素材感をすべて変えるのが好きです。異なる素材のコントラストで全身黒のスタイルにメリハリが生まれ、重たい印象を回避。夏のバカンスなら、インナーを黒のブラトップにしてブラウスの透け感を際立たせても、モード感があって素敵”

〝ビームス ライツ〟のブラウス¥11,000・パンツ¥9,500・〝ローラス〟のビキニトップ¥7,800・〝シラレア〟のポーチ¥2,000・〝イパネマ〟の靴¥3,000・〝エクアアンディーノ×ビームス ライツ〟のハット¥9,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 16
「甘い小花柄の水着に、メンズっぽいシャツを重ねる」

水着のときも、甘×辛のかけ合わせが同系色のストライプシャツ一枚で完成

“キュートな小花柄のスイムウエア。大人が着るなら、ぐっとハンサムなシャツ合わせがおすすめ。ブルー系のプリントとなじみがよい、ブルー系のストライプシャツを選択。異なる柄で切り替えたクレイジーパターンが花柄の甘さをセーブし、水際の着こなしにより深みを与えます。もちろん無地の水着でもいいけど、甘い小花柄だからこそ、辛口なシャツを合わせるギャップというかわいさが際立ちます。オーセンティックな白スニーカーでヘルシーに仕上げて”

〝ビームス ライツ〟のシャツ¥9,800・〝ローラス〟のビキニトップ¥7,500・ショーツ¥7,200・〝シラレア〟のポーチ¥2,000・〝スペルガ×ビームス ライツ〟の靴¥6,500(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 17
「初夏から夏までセットアップに頼りたい」

立体シルエットと上品なカラーを最小限に留めた差し色で際立たせて

“忙しい毎日を過ごす女性のワードローブに、セットアップはぜひ備えておきたいアイテム。上下で着るだけで全身のシルエットもコーディネートもきまるから。体のラインを拾わないとろみ素材と立体的なフォルム、合わせる色を選ばないクリーンなベージュのこんなセットアップは、まさに無敵。足元にアクセントカラーを入れずヌードカラーでトーンをそろえ、セットアップの存在感とシルエットの美しさを主役に。そのぶん、バッグで遊びを効かせて”

〝ビームス ライツ〟のセットアップ¥16,000・〝パオラ ヌッティ×ビームス ライツ〟のバッグ¥16,000・〝ステファニー×ビームス ライツ〟の靴¥11,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 18
「女っぽいワイドパンツで大人レイヤード」

艶感×ヌードカラーが女らしいワイドパンツで、リッチな雰囲気に

“ワンピースのレイヤード、というとまず細身デニムやレギンスを選ぶところですが、今季はひと味変えてワイドパンツを選んでみても。特に、こんなカットソー素材のワンピースの場合、デニムやレギンスだと、大人が着るにはややカジュアルすぎる印象になりがち。そこで、艶感のあるとろみ素材とヌードカラーで女っぽく、かつワイドでも重く見せないパンツをピックアップ。足元もシルバーのスパゲッティストラップサンダルで軽く仕上げ、ロング&リーンな着こなしに”

〝ビームス ライツ〟のワンピース¥14,000・パンツ¥7,800・〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥12,000・〝ジェイヴィエム〟の靴¥9,800・〝マーファ×ビームス ライツ〟のストール¥6,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 19
「ニュアンスホワイト配色に甘くないミントを投入」

きれい色のアイテムこそ、モード感のあるデザインにこだわって

“白のノースリーブニットに、ニュアンスのあるオフホワイトのフレアパンツを合わせた着こなし。ドライなリブニットの凹凸とパンツのとろみ素材のコントラストで、シンプルなコーディネートをのっぺり見せないのがポイントです。今季らしいミントのシューズは、太めのシャーリングバックストラップがこなれた印象の甲深フラットタイプを選択。ミントの差し色なら、ニュアンスワントーンのやわらかな印象を活かしつつモード感もさりげなくトッピング”

〝ビームス ライツ〟のノースリーブニット¥9,000・パンツ¥13,000・〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥12,000・〝ジェイヴィエム〟の靴¥11,000・〝マーファ〟のストール¥6,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 20
「大人の柄パンツは、あくまでシックに」

柄パンツ以外はすべて端正な色と形で締める、が正解

“きれいなミント色と繊細な柄のタッチ、リラックス感のあるシルエットに惹かれたパンツ。花柄のなかにほんのり入ったベージュともなじみがよく、黒ほどコントラストが強すぎないチョコレートブラウンのTシャツを合わせて。パンツのゆるっとした雰囲気を損なうことなく、シックに引き締めます。かごバックや布はくのトートだとラフすぎるので、黒のレザーバッグとサンダルで大人っぽく”

〝ビームス ライツ〟のプルオーバー¥6,300・パンツ¥14,000・〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥15,000・〝ジェイヴィエム〟の靴¥12,000(ビームス ライツ 渋谷)

詳しくはコチラ

【PART1】はこちら

協力/ビームス ライツ 渋谷
03-5464-3580

撮影/渡辺修身 スタイリスト/金子綾 構成/須藤由美

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.22

編集部のおすすめ Recommended

  • Tweets by Grons_JP
  • line

SEPTEMBER 2019
Grons最新号

  • 最新号を購入する
  • 定期購読
  • 試し読み
  • バックナンバー
Grons9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。